美容外科のレーザーという方法も

美容外科のレーザーという方法も

ニキビ跡は凸凹となってしまう以外にも、色素沈着を起こししみのようになってしまう場合があります。皮膚に一度色が付いてしまうとなかなか改善しにくいため、美容外科でレーザー治療を用い短期間で改善してもらうのも良いのではないでしょうか。費用は多少かかりますが、短い期間で色素沈着が目立たなくなるため水着を着なければならない時、ブライダル前などにおすすめの方法です。
ニキビ跡が色素沈着した場合では、ビタミンCなどシミに効果的な美容成分で少しずつ改善する方法もあります。そのほか代謝を上げるための工夫をしてみたりする方法も効果的です。ただしこれらは時間がかかるのがデメリットで、1年など長い目で見ないとシミが改善しにくいのです。時間があるならスキンケア商品で少しずつ改善したり、サプリのビタミンCなどで代謝を上げるのも良いかもしれません。スキンケアではプラセンタ、ビタミンC誘導体、アルブチン酸など色素成分を追い出したり薄くする効果が期待できるものがおすすめです。
スキンケアで改善できない場合、短期間で効果を得たいなら美容外科のレーザーか、エステなどの光ケアなどもおすすめです。最近では家庭用の光エステ器具も良いものが販売されていますから、長期的にケアするなら購入してしまうのも良いでしょう。